ナブテスコサービス株式会社

顧客との関係を重視する風土を持つ企業の、
営業職を志望しました。

T・M

営業職 鉄道部

ナブテスコサービスで
はたらくに至るまで

大学在学中に、サークル活動の一環で企業へ向けたスポンサー募集の渉外活動を経験しました。当初はうまくいきませんでしたが、企業側の担当者を何度も訪問することで徐々に関係が深まり、最終的にスポンサー契約を頂いたことが、大きな成功体験となりました。
仕事でも同じような経験を通じてやりがいを感じたいと考えた私は、就職活動では顧客との関係を重視する風土を持つ企業の、営業職を志望しました。
ナブテスコサービスの営業職には、顧客の課題をヒアリングし、長い時間をかけて解決に尽力する姿勢が求められており、顧客の信頼獲得に注力できる環境も整っていると感じました。会社説明会を通じて社内の雰囲気も自分に合っていると確信し、入社を決意しました。

現在の仕事内容・やりがい・
取り組んできた課題など

入社1年目から関東、東海地方の鉄道事業者をメインに担当しています。
担当するお客様からは年間を通して約200両規模のメンテナンス部品をお預かりするため、徹底した工程管理を行う必要があります。
メンテナンス担当者やお客様と何度も打合せを行い、工程を練るのは大変な作業ですが、大きなトラブルなく工程を完遂し、お客様から感謝された時は、大きなやりがいを感じました。
自己成長の観点からは、これらの業務を通じて段取り力を大きく向上させることができています。
自分の都合さえ把握すればよかった学生時代とは違い、お客様や関係者のスケジュールに常にアンテナを張り、1~2年以上先のゴールを見据えて先手を打つように行動する必要があるため、長期的な視座から仕事の優先順位付けを行う習慣が付きました。

職場の雰囲気

とにかく落ち着いた雰囲気の職場で、部署間の垣根が無い点も魅力です。私のいる東京本社は、開放的なオフィスで部署や職場を隔てる仕切りも無く、どんな人にも気軽に声をかけに行けます。
社員数がさほど多くないこともあり、他部署でも新入社員の顔や名前を覚えてくれている人が多く、入社当時は会社全体に迎え入れられている雰囲気を実感できました。
社内行事が年に数回企画されており、これも部署の隔たりなく参加することができます。職場の飲み会などには行きたい人だけ行けばいいという風土で、互いのプライベートを優先し合う文化がある点も居心地が良いと感じています。

求職者へのメッセージ

弊社のビジネスや商材は一見すると難しく、事前の専門知識が必要だと思われるかもしれません。私自身全くの素人の状態で入社しましたが、サポートしてくれる先輩社員と専門技術者がおり、大きな壁を感じることなく仕事に取り組めています。
他にも気になる点が多くあるかと思いますが、その点はぜひ弊社の選考時に、実際に働く社員へ質問をぶつけてみて下さい。どんな質問にも、社員は率直にお答えすると思います。

一覧へ戻る